L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

no title

6時に家を出て伊東市に向かってます。朝食を食べるためサービスエリアに入ったら松屋がありました。個人経営の定食屋さんよりも安いし美味しいし、いいですね。これ。...

post image

実は一番の目当てはこれ

ビャクシンを見た後、港まで出て最後の目的地、市場へ。このあたりで売ってる一夜干しが本当に美味しいんです。関西のスーパーで売っている干物とは比べ物にならないくらい肉厚で油が乗っています。楽しみにしていたサバ、アジ、カワハギを発見です。1日目の旅館でも2日目の旅館でもアジの干物が朝食に出ていたくらいこの地域で一押しの商品なんでしょうね。そうそう、2日目に行ったお寺をUPし忘れていました。修善寺という源頼朝...

post image

ひねくれもの達

3日目の朝、旅館の部屋からの景色です。見事に富士が見えました。朝食を終え、特に予定がなかったので旅館で色々と話を聞くと近くに神社があってそこに天然記念物に指定されているビャクシンという杉に似た木があるということなので見に行ってきました。幹がねじれながら成長するのが特徴のようでどの木も不思議な形をしていました。まるで彫刻刀で溝を彫ったみたいに滑らかな木肌です。このビャクシンは岬に植わっているのですがここはダ...

post image

自分へのおみやげ

2日目は一碧湖の近くに母の知り合いが住んでいるので、ご自宅へお邪魔してきました。このあたり、ほんとうに別荘地なんですね。スイスの山小屋風の家や、ロッジのような大きな家がならんでます。どれだけ日本の経済が悪くなったと言っても、こんな生活できてる人がまだまだたくさんいるんですから恵まれた国ですよね。お昼ごはんを頂いて、母はおばさんのお宅でおしゃべりをするとのことで私と父だけで一碧湖へ。目的はここ、香り...

post image

親のおかげでちょっとリッチに

一日目の宿は「青山やまと」です。とっても雰囲気のいい、落ち着いた感じの旅館。ラウンジでユズジュースを出してもらって、女性用の浴衣は10種類くらいある中から好きなものが選べるようになっています。私は朱色に白い花模様の浴衣を祖母に選んでもらいました。帯も4種類あるんです。食事まで2時間あったので、1時間お風呂に入ってから、予約をしてあったサロンで(旅館内の)アロマオイルマッサージをしてもらいました。お肌す...