FC2ブログ
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

美髪をめざします



本当の年齢はもちろん260ではなく26歳です。


Mさんからの今年のプレゼントは柘の櫛をいただきました。櫛も愛用して20年でしょうか、月を愛でているより長いです。ツゲの威力はすごいんです、どれだけ髪が痛んでいてもしばらく使っているとサラサラになるんです。プレゼントでもらった櫛は形が少し変わっていて非対称の半円形で、黒と赤の塗りになっています。女性が持ちやすい大きさに計算されているようです。櫛の語源は「霊性のある」と言った意味の言葉で、昔は宗教的要素が大きかったんです。霊が宿る頭を飾るものなので、中世の日本では自分の分身や思いがこもると思われていて、娘や孫に代々伝えたり、出兵(近代ではないです)する兵士が妻や恋人に自分の身代わりとして渡したりしていたそうです。今じゃ櫛を持ってる人なんて少ないんでしょうね。これを使うとプラスチックは使えません。特に冬は静電気が発生しちゃうので。

ちなみに、櫛は語呂が悪いので(く・し→苦しみ・死)、人にあげるときは櫛とは言わずにかんざしというんです。で、落ちている櫛ははやり苦しみや死を拾うことになるので余程でないかぎり拾わないそうです。どうしても拾わないといけないときは、一度足で踏んでから拾うといいらしいです。いまどき櫛が落ちてることなんでないでしょうけどね。

関連記事
スポンサーサイト



Theme: 趣味と日記
Genre: 趣味・実用

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback