FC2ブログ
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ブロードウェイミュージカル「スウィング」

20080912012414
アジア民族にはないリズム感ですね、ジャズって。いまさらって感じですが、カウントを裏で取るのが普通なんです。だからあんなにノリが良くなるんですよね。盆踊りや、童謡のリズムを刷り込まれてる日本人にはないものです。

このミュージカルはストーリーがあるのではなく、一幕毎に完結しているレビュー形式なので、言葉がわからなくても楽しめるものでした。音楽という共通語がある時点で既になんの問題もないんですけどね。

今回はフロアプレイを観た直後だったためか、ダンスには物足りなさを感じてしまいました。キックや、ステップの切れが全く違います。もちろん、歌は完全にスウィングの方が上です。当たり前ですよね、フロアプレイのダンサーはプロのダンサーなんですから。土俵が全然別ですもんね。ブロードウェイだからステージに立っているのはダンサーではなく「ミュージカル俳優」で。

それにしても、なんであんなに皆、器用なんでしょうか。歌も演奏も、演技も、ダンスもできる人がいるんです。皆がそうじゃないですが。でも、演奏と演技とか、踊りと演技と言うように2種は必ずしています。凄いです。

素晴らしい舞台でした、スウィング。

一つ、驚いたことが。女性シンガーの一人が、この間両親と観に行った「トリップ・オブ・ラブ」にも出演していた人でした。考えてみたら、同じブロードウェイ作品なので不思議じゃないんです。有名な人だし。
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback