L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ご報告です

キャニオニングから帰ってきて、流石に疲れはてて更新ができませんでした。

ガイドさんの車で吉野口から40分走り、
道の駅で他の参加者さんたちと合流。

メンバーは、
私より少し若い感じの女子3人組、同じ歳くらいのカップルが2組、
27・8くらいのカップルが1組でした。

さらに車で40分走るってようやく川に到着。
路上に簡易テントを用意してくださって、
女性はその中で着替えです。
水着、ウェットスーツ、プルオーバー、
ライフジャケット、沢登り用の靴、そしてヘルメット。
コレを全部着込みます。
動きにくい・・・・。
そして、暑い。早く、水に入らないと脱水症状に。

川と道とはかなりの落差があり、
獣道のような、急な斜面を滑りながら下り川原へ。

まずは川をどんどん上っていきます。
軽いロッククライミングのように岩にしがみついたり、
淵に飛び込んだり、
途中で、2Mほどの滝があるばしょでランチを食べ、
さらに上流へ行くと2つの連続した滝が出てきました。
ここが折り返し地点です。
これからは下るのみ。

今登ってきた滝から飛び込みます。
滝といっても、大きな岩盤の上を水が流れてるって感じなので
ウォータースライドみたいに背中で滑り降りるんです。
最初にガイドさんが手本を見せてくれて、
「いいよ、次の人おいで」と言われても誰も行かないんですよね。
それじゃあ、と私がトップバッターに。
ツリンと滑って、バションと落ちて。
ライフジャケットの浮力で何もしなくても
勝手に体が浮きあがるので泳げない人も心配いらないです。

流れに身を任せながら下ったり、飛び降りたりしたら
帰り道はあっという間でした。

私、まだ倍くらいの道のり行けそうです。
でも、他の人たち(特に彼氏と来ている女性)は
歩き始めて10分ほどで
フラフラになっていましたけど(笑)。
帰り道もみんな無言。。。

私と友人だけは元気いっぱい、
水の掛け合いをしたり、はしゃいでおりました。

終わったのは4時くらいですね。
車で駅まで送ってもらい帰宅しました。

なんかプールの授業の後っぽい感じで
体がだるくて、夕食前なのに爆睡してました。

また、行きたいなぁ。
病み付きになりそうです、キャニオニング。
でもラフティングもしたいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • ラフティング
  • URL
ラフティング

<a href=http://www.mizuasobi.com>ラフティング</a>

ステキなブログですね☆

拝見させていただきました~♪

よかったら私のところにも遊びに来てください^^

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback