FC2ブログ
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

別世界にいざなう物

もう7月、
時間が進むのが早く感じます。


最近、気付くと本を買っています。
この間は病院にいく途中の本屋さんで・・・。
その前は人と待ち合わせをしてる間にちょこっと本屋さんに寄って・・・。

だめですね、本屋さんに立ち寄ると買ってしまってます。
少し前まではアマゾンを覗くと購入してしまっていたので、
アマゾンに立ち寄らないようにしていたのに。
リアルな本屋さんも近寄らない方がいいかもしれません。
店から出るときには必ず手に本を持っているので。

でも、病院に行く前に買った本は大正解でした。
稲垣足穂という大正時代の作家さんです。
ショートストーリーが多く、
流れ星や月、猫がよく描かれていて、
とても不思議な、ファンタスティックな世界観です。

短編作家のユアグローと雰囲気が似てなくもないのですが、
足穂の方が柔らかな感じがしています。

文章の中に頻繁に英単語が出てくるんです。
大正時代の人なのに。
物語もすごく現代的なんです。

こういう「出会い」があるから止めれないんですよね、
本って。
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 和風、和物、日本の伝統
Genre: 趣味・実用

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback