L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

3話目

母が叫びそうになったのを必死に止め、隠れ続けていたのですが、何故か気付かれてしまい、母を押し入れに隠してから私はわざと廊下へ。男性と目が合い、ダッシュで階段を駆け降りて、庭の茂みに隠れました。

でも、やっぱり見つかっちゃうんですよ、わたし。
飛び掛かられて、押し倒され、なんとか刃物は弾き飛ばしたのですが、取っ組み合いです。私は地面に押し付けられたままなので、足や、膝で男性を蹴りまくり。

相手の隙間をついて、またまた逃げ出した私。走っている間に、舞台設定が現代の住宅街に変わっていました。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback