FC2ブログ
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

気質

少し前に書いた陰陽説についてのお話し。

よく耳にしたり、目にする『陰陽五行説』という言葉。
『陰陽(いんよう)説』と『五行説』とが組み合わされたものなんです。
もとは別々に論じられていたのに、混り合って現在では、
陰陽五行説として一つに考えられてます。


『陰陽説』は、
中国最古の王「伏羲」がつくったとされていて、
世のなかの全ての事柄は、「それだけ」で独立して存在しているのではなく、
「陰と陽」という、対立した形で世界ができあがっているという考え方のこと。

明暗
火水
男女
善悪
っていったようにね。


『五行説』というのは、
中国・夏の王「禹」が亀の甲羅を見ているときに、
国を治めるの為の五つの基本原理を思いついたというもの。
禹が定めた五行のとは、

「水は土地を潤おし、穀物を養い、
集まって川となって流れ、海に入って鹹(かん:しお)となる。
火は上に燃えあがり、焦げて苦くなる。木は曲ったものも真直ぐなものもあり、
その実は酸ぱい。金は形を変えて刀や鍬となり、味は辛い。
土は種を実らせ、その実は甘い」。

簡単にいうと、『木火土金水』と五つの『味』、
五行五味の調和を政治に結びつけたってことですね。
なんで味なのかが疑問ですが。
コレがのちに、五つの惑星と結びつけられ、
さらにまた万物に当てはめられて現在の観念的な五行説として完成。
五行説には『相生』『相剋』という二つの決定的な関係が。
よく「相性がいい」と表現するが、それは『相生』のこと。
この辺りにくるとなんとなく聞いたことある人もいるかも?


「木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、
金は水を生じ、水は木を生ず」という『相生』。相性がいい方。
「水は火に勝ち、火は金に勝ち、金は木に勝ち、
木は土に勝ち、土は水に勝つ」という『相剋』。
相性が悪いとされている方がこれですね。
もとは東洋思想の一種だったこの陰陽説と五行説、
今は占いに大活躍中です。

この五行説を用いた占いで、
私は水の気が多いらしいです。
源流から流れ出た水は小川から大河となり、
海に注ぎ、さらに海流となって地球を巡るという「水」。
激しいときもあれば、穏やかな時も。
そして、一所にとどまる事が出来ないのも、
「水」特有の気質だそうです。
一人で出かけると雨が降るのは、
水を呼んでしまうからでしょうか。

因みに、水との相性がいいのは金と木なんです。
火とは対極ですから、もちろん×ですね。




関連記事
スポンサーサイト



Comment

  • ひらた
  • URL

じゃあ、四柱すい命でも「火」、星座でも「火」の象位、
心理テストでも、情熱的で気が強く、激情型の「カルメン」や「クレオパトラ」
と言われる私とは、相剋しあう訳だ

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback