FC2ブログ
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

余計なことを覚えたら重要なこと忘れそう・・・

友人が新聞の記事を読みながら「QRコードのQRってなによ?」と聞いてきました。私は百科事典じゃないっつうの・・・。

即座には答えられなかったのでちょいっと調べてみました。

普通の買い物のバーコードは横方向(黒いバーと空白の連続)にしか情報を持たなく情報は数字のみ。

問題のQRコードは縦横の格子状で情報持てるんです。だからバーコードより情報量が多く、英字や漢字のデータも可。縦、横のコードだから二次元コードって呼ばれるんです。で、QRはQuick Responseの略。高速で読み取りができる情報って意味ですね。

3隅の四角いマーク(位置検出パターン)があるのが特徴です。あとは小さい四角のマークも固定されてます、それ以外の部分に「暗号」が隠されてるんです。元々はデンソーが開発したらしいです、でも特許権は執行してない。


データの容量は数字のみだと7,000文字くらいまでいけるらしいです。
あの小さい点々、意外とすごいヤツなんですね。新発見♪

関連記事
スポンサーサイト



Comment

  • ひらた
  • URL
私のケイタイ

私のケイタイは、あのコードがちっとも読み込めません。
全然「クイックレスポンス」じゃないじゃん。

これからは、「QRハゲ」の時代?

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback