L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

どんでん返し


書店にふらりと立ち寄り綺麗なカバーの絵に惹かれ買ってみた小説、『烏に単は似合わない』。
絵から、平安時代に近い異世界ファンタジーだろうなと想像しなから読み始めてみると、やはりあるお姫様の後宮での出世物語りでした。

しかし、ふんわりとしていた物語り全体の雰囲気が途中から雲行き怪しくなり、最後は大嵐。お姫様出世物語ではなくミステリー小説に変貌。

いままでに出会ったことのないストーリー展開で楽しめました。
ちなみに、続巻があと2冊でてるようです。
買わなくちゃ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback