L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

no title


先日のスラバのスノーショー。
私の想像を超えるものでした。

ピエロのショーなのでサーカスみたいに賑やかでワイワイガチャガチャした感じかと思っていましたが、正反対でした。

ブルーとオレンジの照明を使った演出でとても幻想的な雰囲気の演目でした。

ピエロがもつ喜と哀。
サーカスでは、私たちがよく知るひょうきんでちょっとおバカでかわいいピエロ。このショーでは、少し物悲しい、何かを憂いているようなピエロの哀が9割。
もちろんお馴染みの悪戯っ子な一面もちゃんと表現されていましたが。幕の間の休憩中、ピエロたち4人ほどが客席に来てイタズラを開始。霧吹きで男の人(スキンヘッド)のヘアセットをしたり。お客さんのカバンを持ってどこかに走っていこうとしたり。

最後のシーンは圧巻でした雪の景色になり、舞台正面から客席向かって吹き付ける猛吹雪!

フィナーレには大きなボールが何個も客席の方に飛んできて皆でボール遊びです。そのまま終幕ですが特に幕が下りるわけでもなく、1階席のお客さんたちは舞台のほうへ自由に降りていきピエロたちと記念撮影をしたり、ボールと戯れたり、床に落ちてる紙吹雪を意味なくばらまいてみたり。なんだかいい年した大人がピエロにつられて子供にかえったようにみえました。
特に年齢制限があったわけではありませんが、2歳の龍一郎は怖がったかもしれない場面もあったので預けて正解だったかな。

見応えのある演目で大満足でした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback