L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

香り

ちょっと育児と犬とも関係のないお話。

買い物にでたら、途中で龍一郎がお昼寝をしだしたので、
食料品を買ったあとなんとなく隣のドラッグストアをブラブラ。

見ていて思ったのが「香り」ものがそこらじゅうに。
食器洗剤がなくなりかけだったのでついでに買おうと陳列棚へ行くと、
いろんな香りの商品がずらり。
ついでに隣の陳列棚を見ると柔軟剤。
ここにも「香り」を押してる商品がずらり。
ボディーソープもやっぱり同じような感じで。
本来の用途よりも「香り」でアピールしてるものばかりです。

柔軟剤なんだから「柔らかく仕上げる」ってことが本来の用途なのに、
香り付けがメインな感じに。
食器洗剤も香りよりも油汚れがどれだけ綺麗になるかが重要なはずなんですけどね。

確かに昔から人は「香り」にこだわって生きてきてますが、
最近ちょっとひどくないですか?

洗濯洗剤、柔軟剤、制汗剤、シャンプー、ボディーソープとあらゆるものの
香りが一昔前よりきつくなってきてるように思います。

家の中にある、すべての物が同じ香りで統一されていれば
まだマシなんでしょうが、メーカーが違えば香りも違って当たり前。
なんだか、香りのごちゃ混ぜって感じですごく嫌んですよね。
お風呂上り、髪のトリートメントとボディーソープの香りが混ざって
よくわからない匂いが自分から漂ってきたり。
洗濯物を干したあと、窓を開けたまま食器を洗うと
これもまた香りのミックスで。

無臭の洗剤って確かにちょっと使いにくです。
でも、ここまで香りを強くしなくてもいいと思うんですよね。

家中を香らせたいなら、アロマを焚いたり、お香を燻らせたり、
体から香りを放ちたいなら、香水を使えばいいんです。

せめて、選択肢として「微香料」を各商品で出してほしいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback