L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

薄笑い


ご飯の時間になったので、おんぶで寝ていた龍一郎を起こそうと思い下に降ろすと半分覚醒。

でもまだ眠いようで私の顔を薄目で確認してからウトウト。

そして何故か薄笑いを浮かべて。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback