FC2ブログ
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

履修問題

最近、紙面を賑わあせていた高校の履修問題。

「救済案」が執行されることになり、時間も大分と経っているので大きく扱われなくなりました。

新聞、テレビで取り上げられなくなると問題が解決したように思ってしまいますが、ホントのところはどうなんでしょう。
いつまでも同じ事件を追い掛けるほど、記者も暇ではないし、新鮮味に欠ける記事を載せるほど紙面に余裕があるわけがないので仕方ないのかな。

学校の知名度のために、教えるべき事を教えなかった学校が「救済案」で定められた補習やレポートに時間を裂くのか疑問です。

それに、学生も迷惑な話しですよね。やらなくていいと言われてたのに、今更卒業できません、なんて言われて。私なら、教師に抗議しに行きますね(苦)

受験が終わって、やっと息抜きが出来ると思ってたらまだ補習だなんて…。
わざとサボってたのでもないのに。

「救済案」と言う呼び名もなんだかしっくりきません。まるで、学生に責任があるような感じがしませんか?仕方がない、助けてやろう、と上から物を言うように。

もとをただせば、高校で教えてる内容と、大学が求めている内容が一致してないからこんなことになるのではないでしょうか。

根本的なところを改善しないとダメですよね
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback