FC2ブログ
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

道草

平安神宮の手前でルノワール展をしていたので、入ってしまいました。 映画監督だった息子の作品と、父親の絵画の関連性という視点での展示が、興味深かったです。...

post image

広大

池一面、睡蓮です。周りには杜若が。...

post image

向かうは

実は、平安神宮に向かってるんです。睡蓮が見たくなったので。途中の道。ギャラリーが多いんですね。バンクーバーでも似たような通りを歩いた気がします。...

post image

ぶらり

京都、三条にやってきました。危うく、歩いていく方向を間違える所でした。...

誘惑が多すぎて

本当にインターネットは恐ろしいです。この間欲しいなと思ってた○○調べてみよ~、と思ったらもう最後。買ってしまってます・・・。ネットショッピングで。自分の足で店に行って、商品を手にとって物色していると、「やっぱりやめておこう、今日は」と断念したり考え直したり、欲しいと思ってから実際に買うまでの時間が長いんです。ネットや雑誌の通販だとこの時間が短いです。即決です。特に本とCD。あんまり買い物をしない私。...

むかーし、むかし

毎回、私のブログに出てくる岡山出身の「友人」。知り合ったのは専門学校に入ってから。たまたま、同じクラスだったから。友達になったきっかけは・・・・、たまたま、座る席が近かったから。たまたま、お互いが遅刻魔だったから。学生の頃はバイト漬けでボロボロだった友人、登校してもぶっ倒れ、仕方なく医務室へ連れて行ったり。講師から彼女の安否を聞かれたり。(遅刻なのか、欠席なのか、病気なのか)(なんで私が知ってるっ...

post image

好物

柚はぬいぐるみが大好きです。なんでもいいんですが、子犬の頃にあげたペンギンが未だにお気に入りです。一代目がボロボロになっていたので、新しいペンギンを和歌山に行く途中のサービスエリアで購入。あげてみたら、大喜び。すっかり気に入って、カミカミしてます。...

post image

変化

仕事場も家も山の中だと、海は大阪湾でさえ珍しく写ります。でも、普段見慣れていないからなのか、ずっと見てたり泳いだりしてると恐怖感が沸き上がってきます。昔、雪山で迷子になりかかっても平気だったのに。太平洋に繋がっている白良浜。宇宙から見た地球が、青く見える理由である大海原が目の前に広がっていると思うと、自分が凄く小さくなったきがします。こんな時は、色んな考えや疑問が浮かんできます。なぜ、人はこんなに...

日常に戻ってきました。

カテゴリーに「和歌山旅行 2度目」を追加しました。昨日、一昨日と和歌山から更新していた記事をまとめています。ついでに、記事に手を加えておきました。ケイタイからでは長い文章がが書けなかったので。付け足した部分が斜体になっています。良ければ、再読してみてください。...

post image

寄り道

家に帰る前に、柚を拾うため会社に行ってきました。後部座席で母に抱かれてます。夕方の散歩がまだだったので、遊びそこなってしまい、少し不服そうな顔。...

post image

名所

せっかくなので和歌山城に来ました。小学生が遠足に来ていました。地元のことは最低限知っておかないとね。大阪城に比べると、観光客もすくなくて、素朴なお城でした。天守閣の一番上まで行って思ったこと、あんまり高くないんですね、建物自身は。高台に建っているから、目立つし、高く見えるけど、建物としはその辺の3階建て雑居ビルと変わらないんですよね。それでも、今みたいに技術が発展していなかった時代に、これだけの物...

post image

鮮度

 海鮮市場にて。 ホタテです。 その場でお刺身にしてくれます。 母の好物です。  もちろん、食べました。結果、お昼ご飯の時間になってもお腹が空かず昼食たべませんでした(苦)。...

post image

名物

 温泉といえば、 温泉タマゴです。ほんのり、温泉の香りが。出来立てなので温かいです人の良さそうなおばあちゃんが一人でお店を切り盛りしている様子。お店と言っても、温泉卵しか売ってませんが。でも、昔ながらのお店で気に入ってしまいました。...

post image

必需品

 旅館に必ずある、パズルや知恵の輪。 意外とはまります そして、意外と難しい。...

post image

醍醐味

 部屋に着いて、 直ぐにお風呂入ったのですが、 次は食事後です。温泉は朝に入るのと、夜に入るのとでは効能が違うらしいです。...

post image

所以

 どうやら、この旅館の名物になっているようです。 この釜めし。 前にもありましたから。 シラスがたっぷり入っていて美味です。  でも、なぜ白浜で釜めし?由来なんて別にいいんですけどね、おいしいから...

post image

いかにも

 いかにも「旅館」って感じの部屋です畳、障子、襖、大きな机に座椅子。そして、サスペンスドラマでよく凶器になるあの大きな灰皿。灰皿と机を除けば、我が家となんの変わりもないのに。なんで旅館っぽく感じるんでしょう。...

post image

一変。

前回にも立ち寄った真珠館で、母が買い物してます。真珠だの、宝石だのに興味がないので、私と父は車で留守番。台風の影響で曇り空ですが、まだ雨は降ってないです。でも、今にも降りだしそう。雨女ですから・・・・、私。...

post image

県境を越えました

2日間のお休みをもらって、家族で2度目の白浜旅行です。旅行と言っても観光するわけでもなく泳ぐわけでもなく旅館にある温泉に入るだけなんです。...

タイ旅行から始まり、ライブにミュージカルと、なんともアクティブな今年です。目標どおりでいい感じです。でも、体を動かしたり、どっかに行くだけじゃなくてもうひとつ、心がけてることあるんです。毎月、本を読むこと。ジャンルは特定していないので、色々よんでます。昔に買った本を読み返したり。今月は2005年に発刊された「花まんま」の文庫がでたので、購入。単行本は高いですからね。昔の大阪下町を舞台にしてある短編...

順風満帆

友人はやっと、来月に東京に行くようです。いつから言い始めてたんでしょう。私なら、とっくに行く気なくしちゃってそう。友人が来月に連休とるなら、私も7月に連休取ろうかなあ。2日・3日休めたら結構、何処でも行けちゃいますよね。今月5月は、家族で白浜に行き。7月、連休取ったらまた旅行に行って。8月はリバートレッキングですね。9月は、ステージを2つ見に行くし。何にも予定ないのは6月だけです。7月の予定、本気...

post image

やっと日の目をみることが

納屋にしまい込まれていた自転車を出してきました。2年前に貰って、一度も乗らないまま放置していたので少し埃が。隣町の自転車屋さんまで、柚とサイクリングです。前のカゴをつけてもらいました。空気が乾燥しているので、陽射しはキツイですが、汗もかかず気持ち良かったです。...

post image

犬にだって、得手不得手があります。ヒナタは策を登るのが得意。このフエンス、私の目の高さくらいまであるんです。でも、外に出たくてよじ登ってます。これは逃亡未遂で終わりましたが、次に見に行くと出ちゃってました。柚の特技は…、寝ることかな?...

post image

NHKでアフリカ大陸縦断ツアーのドキュメンタリーが放送されていました。トラックを改造したバスで、エジプトから始まり南アフリカまで120日間かけて行く旅。オプションでラフティングや、登山、サファリツアーに参加可能です。寝泊まりは、バスの横でテントを張ってキャンプ。夕飯は自炊。かなりハードな旅です。でも、行ってみたいです。昔から旅行は好きでしたが、以前の私なら嫌がっていたはずです、こんなツアーは。だって、シ...

気質

少し前に書いた陰陽説についてのお話し。よく耳にしたり、目にする『陰陽五行説』という言葉。『陰陽(いんよう)説』と『五行説』とが組み合わされたものなんです。もとは別々に論じられていたのに、混り合って現在では、陰陽五行説として一つに考えられてます。『陰陽説』は、中国最古の王「伏羲」がつくったとされていて、世のなかの全ての事柄は、「それだけ」で独立して存在しているのではなく、「陰と陽」という、対立した形...

こっちだって

友人のブログにUPされていた記事。よく「私と友人が似ている」と言われます。ていうか「双子だ」と言われます。(タイ人にまで!!)心外です。超心外です。どこを見てそんなセリフを吐いてらっしゃるんでしょう?お前の目は節穴か。と、言いたいですね。根本的に違うでしょーが。O型とB型だし。友人は適当。私はきっちりしてる。キミだって結構適当だぞ?自覚してないぶんバツが悪い。友人は物忘れが激しい。私は記憶力ばつぐん。...

少しづつ、ブログを変えてます。今日は、カテゴリ分けをしてみました。今まで全て、「独り言」としてUPしてましたが、独り言 (671) タイ旅行記 (11) 柚日記 (12) ソシアルダンス (9) 自分勝手な感想 (5) 舌鼓♪ (6) 和歌山家族旅行 (10)に分けてみました。でもまだ、671件は分け切れてません。徐々にしていきます。そして、徐々に、カテゴリも増えていくかもしれません。...

こんなものを見つけました。その時の月齢がわかるブログパーツです。今は3日目でふたご座辺りにいるようです。小さい頃から月が好きで、夜中に目が覚めたら窓をあけて月を眺めていました。高校に入ってからは、徹夜で勉強しているときに月光浴をしに庭に出たり。今ほど自然に触れ合っていなかったので、少しでも「自然」を取り入れようとしていたのかもしれません。今では考えられないくらい、(いまよりも)アーバンな暮らしをし...